2011年2月22日、ニュージーランドのカンタベリー地方でM 6.3の大地震が発生した。
クライストチャーチ周辺の被害が特に大きく、2月28日の時点で、死者148人、行方不明者200人以上、倒壊や崩壊の危険がある建物約4200棟、失業者の数は5万人以上、今なお余震の数は2千回以上に及ぶ。
被害総額は前年の地震と合わせると約200億NZドル(1兆2200億円)。また、現地で研修中だった日本の専門学校の方々も大変な被害にあっている。


この度、ニュージーランドで起きた地震の救済支援会を立ち上げました医療法人社団優新会理事長の甲斐拓也と申します。
私がこの活動を思い立ったのは、この地震に関するあるテレビのドキュメントで、日本の救助隊員がニュージーランドへ向かう時の映像を見たのがきっかけ。


命懸けの出動に際し隊長から説明を受ける隊員の方々の真剣な眼差しは、まさに命を懸けて今からリングに上がるファイターの眼差しそのもの。私の心に非常に熱いものを感じさせました。


私は九州大学で7年間ラグビーをいたしました。日本のラガーマンは誰しも一度はニュージーランドのオールブラックスに憧れ、シャツやパーカーやキャップなどを購入したご経験があると思います。



また、彼らから元気や勇気をいただいた思い出があるのではないでしょうか。 そのオールブラックスのあるニュージーランドが現在、大変な状況になっています。


日本のラガーマンたちよ、今こそ立ち上がろうではありませんか!


志のあるラガーマン、もしくはラグビー経験者でなくても構いません、1口1000円の寄付を集めております。集められた寄付金は、日の丸に寄付者全員の氏名を記名したものと一緒に、私が責任を持ってクライストチャーチの市庁舎に直接届けてまいります。


素晴らしかったあの日の隊員の方々の真剣な眼差し。
「人の行動というものは感動を呼び、その感動がまた人の心を動かす」
のだということに私は気づかされました。


さあ、ニッポンのラガーマンよ、今こそ立ち上がりましょう!!


寄付いただける方は
お振込み後、お振込みいただいた旨をメールください。その際に、日の丸に記載するお名前をご指示ください。
寄付金お振込み先
千葉銀行 川間支店 普通 3486166 ニュージーランド救済支援会 代表 甲斐拓也
※お振込み手数料はご自身でご負担いただけますようお願いいたします。 

ご意見ご質問は
千葉県野田市春日町25−30
医療法人社団 優新会  理事長 甲斐拓也
TEL/FAX(04-7127-8341)
e-mail:rasnz15@yahoo.co.jp

寄付金募集期間
第一期 2011年3月1日〜4月30日
(この期間に集められたものを5月に私が単身ニュージーランドに渡り直接に現地に全額届けてまいります。その時までにもし同士が現れればご一緒したいです。もし15人集まれば最高ですね。)

第二期 2011年5月1日〜11月30日
(この期間に集められたものは国際振込みで市庁舎宛に全額振込みいたします。)

Copyright ® 2009 nipponryoku.com All rights reserved.